介護士になりたい外国人ナビゲーション

外国人は負けてはいけないというライバル心

この度は介護関連の情報サイトへアクセスいただき誠にありがとうございます。
外国人介護士について探しているなら「介護士になりたい外国人ナビゲーション」にお任せください。

 

今、介護の学校に通う人は減少していますので、そのような観点から見ても、これから先も人材不足は続く事は間違いないことでしょう。実習生と違って私達はプロの介護士になる!と思って勉強に熱心になれば合格率も高くなる可能性も考えられ、必然的に介護の質も向上すると考えて申し分のないと思います。

 

日本ではフィリピンやインドネシア、ベトナムから「介護士のプロ」として働きたいという願望を持った若々しい人が続々と来日しています。外国人技能実習生の受入れが出来るようになることで、この人材不足は一気に解決へと進むハズです。

 

しかし介護福祉士の国家試験に合格することの出来る人はごく鮮少となっているのが現実です。これは絶対に遠方未来の話ではありません。

 

この問題はすぐそこまで迫ってきているのです。現在の日本にある、介護・老人ホームにおきましては深刻な人材不足が大きな悩みとなっています。

 

驚くことに2025年には、100万人の介護関係の人材が不足すると言われています。これまで戦力になっていた人が帰国をしてしまうと、介護施設にとっては大きな痛手になります。

 

試験に落ちてしまったら帰国する必要があります。そこに期間限定で外国人技能実習生が加わることによって、EPAにより来日している外国人は負けるワケにはいかないとライバル心が生まれてくることでしょう。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ